うつ病 こころとからだ

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

シオノギ製薬と日本イーライリリーがうつ病についての啓発を行うウェブサイトです。

みんなに知って欲しい、うつ病のこと

両親の場合

監修:一般社団法人日本うつ病センター 顧問/長崎大学 名誉教授/出島診療所 所長 中根 允文 先生

たびかさなる「喪失体験」がうつ病を招くきっかけに

うつ病というと人生の半ばで発症するイメージがあるかもしれません。しかし、高齢者においてもうつ病の患者さんは少なくないといわれています。

高齢者においてはまず、加齢のせいで脳内にある神経伝達物質の量に変化が生じることが、抑うつ状態を招くとされています。
そして年齢とともに経験するさまざまな喪失体験が、うつ病発症のきっかけになるのではないかと考えられています。

例えば、白髪や入れ歯といった外見の老化や、ちょっとした運動で転ぶといった身体機能の低下は、「若い頃は、こんなはずではなかったのに…」というはがゆい思いを生みます。
更に退職による社会的立場の喪失、友人や夫(妻)といった親しい人との別離など人生における「喪失体験」が続き、「さみしい」「情けない」「自分は社会において役立たず」という考えから、抑うつ状態に発展するというものです。

うつ病とにた病気に、認知症があります。

高齢者の場合に問題となるのが、うつ病と認知症の見極めです。反応や行動が鈍くなる、ものごとに関心を示さなくなるといった共通点はありますが、うつ病と認知症では周囲の人が受け取る印象も異なるようです。

例えば、同じように活気を失っても、認知症の場合はただ無気力でぼーっとやり過ごしているのに比べ、うつ病の場合は「つらい」「悲しい」などの訴えがみられます。また、認知症の患者さんではもの忘れの自覚がないものの、うつ病の患者さんの場合「思い出せない」という自覚があり、それが更に気分を落ちこませることにつながります。

うつ病と認知症では治療法や家族がとるべき対応も異なります。そのため、高齢者でうつ病の症状があらわれたときには、念のため認知症でないかを疑い、医療機関に相談するとよいでしょう。

高齢の父親がうつ病です。遠く離れているため、どうすればよいかわかりません。

ひとり暮らしの親をサポートするために、遠くに住む息子や娘が自分の生活を犠牲にするのは最善の方法とはいえません。親族や近所の人の協力を得られない場合は、地域のサポート体制を有効に活用しましょう。うつ病は介護保険のサービスの給付対象となります。血のつながったこどもだからと抱えこむのではなく、社会資源をフルに活用することも考えるべきです。

ページTOPへ戻る↑