うつ病 こころとからだ

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

シオノギ製薬と日本イーライリリーがうつ病についての啓発を行うウェブサイトです。

社会的サポート

ストレスの多い現代社会。家庭、学校、職場など、あなたの身近な人がうつ病になったとき、あなたはどうしますか?
ここでは、「どう接したらいい?」「どう支えてあげるべき?」など、うつ病の患者さんを支える方へのアドバイスをご紹介します。

勤務先におけるサポート体制

監修:一般社団法人日本うつ病センター 顧問/長崎大学 名誉教授/出島診療所 所長 中根 允文 先生

うつ病の患者さんの増加は、企業にとっての問題でもあるのです

うつ病をはじめとする精神障害などに関する労災補償の状況をみると、請求件数は増加傾向にあり、平成25年度は過去最多となりました。支給が決定されたケースの具体的な出来事では、対人関係や長時間労働などが多かったことが示されています(※1)

厚生労働省は、企業が積極的に社員の心の健康を守るよう、メンタルヘルスケアに関する研修の実施や、うつ病が原因で休職していた人が職場復帰するための適切な支援をおし進めるよう促しています(※2)

うつ病はもはや、患者さん個人の問題ではなく、企業、ひいては社会全体の問題といえるでしょう。

厚生労働省:平成25年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」

社員の心の健康を守る体制づくりが求められています

企業におけるうつ病対策では、2つの観点が重要となります。1つは、社員のうつ病発症を防止すること。もう1つは、休職していた社員が復帰するときの体制づくりです。いずれにおいても企業は、うつ病により大事な人材を失いかねないという、大きなリスクを抱えている点を理解しないといけません。

社内の体制として、まずは、うつ病を防止するために社員自身がストレスに気づけるよう啓発を行うほか、社員の勤務状況や健康状態を把握すべき上司の教育が必要とされています。そして、社員にうつ病の可能性があるときに支援を行う専門職として、カウンセラーや産業医の確保が大切です。

うつ病で休職していた社員の復帰に向けては、上司などが個別に対応するのではなく、企業として職場復帰支援プログラムを作成することが求められています。小規模な企業などで、独自にメンタルヘルスケアを実施することが難しい場合には、下の表にあるような民間のEAPサービスや、社会資源を利用することがすすめられます。

うつ病の防止のために企業として配慮する点には、どのようなことがありますか?

社員の心の健康を守るためには、労働時間や仕事の量と質、ハラスメントを含む人間関係、人事労務管理体制などを把握し、問題があれば積極的に改善することが重要とされています。ほかにも仕事をする環境を整えたり、心身の疲労を回復させるための設備づくりなどが求められています(※2)

※1 厚生労働省:平成25年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」

※2 厚生労働省/独立行政法人労働者健康福祉機構:職場における心の健康づくり

ページTOPへ戻る↑