塩野義製薬日本イーライリリーがうつ病について啓発を行うウェブサイトです。

うつ病 こころとからだ

  • 症状チェックシート
  • 病院検索

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

  • うつ病の症状チェックシート
  • こころとからだの症状
  • 病院検索

うつ病の患者さんへの接し方Q&A<家族がうつ病になったとき>

監修:一般社団法人日本うつ病センター 顧問/長崎大学 名誉教授/出島診療所 所長 中根 允文 先生

家族の一員から「うつ病になった」と打ち明けられました。どんな対応をすべきですか?

まずは冷静に話を聞きましょう。
家族の一員から突然うつ病といわれたら、誰もが驚き、ショックを受けるものです。患者さん以上に動揺し、パニック状態に陥ることもあるでしょう。しかしこうした家族の不安な状態は、患者さんの精神状態にも悪影響を及ぼします。まずは冷静に。患者さんの話をひとまず、じっくりと聞きましょう。

仕事が趣味の夫に、休職をすすめるのは逆効果でしょうか?

うつ病治療の基本は、休養をとることです。
奥さんの目には「仕事が趣味」と見えても、実際にはプライベートを犠牲にしてまで仕事をしなければならない、苦しい事情があったのかもしれません。うつ病の患者さんには会社から離れることに抵抗を感じる人もいますが、人生を長いスパンで捉え、いまは治療に専念することがベストであると伝えましょう。

家族がうつ病ではないかと思うのですが、本人は受診を嫌がります。

ウソをついて医療機関に連れていくのは禁物です。
うつ病の患者さんの中には、やたらと自分を責め、自分のつらい症状は病気ではないと考える人がいます。こうした人を受診させるために、「私の体調が悪いので、診察についてきて欲しい」などとウソで連れ出すことはやめましょう。患者さん自身の眠れていない、食欲が落ちているなどといった症状を指摘し、だから受診が必要なのだと論理的に納得をさせることが重要です。

  • 症状チェックシート
  • うつ病について相談できる病院が探せます 病院検索

ページTOPへ戻る

シオノギ製薬 日本イーライリリー株式会社