塩野義製薬日本イーライリリーがうつ病について啓発を行うウェブサイトです。

うつ病 こころとからだ

  • 症状チェックシート
  • 病院検索

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

  • うつ病の症状チェックシート
  • こころとからだの症状
  • 病院検索

うつ病体験談①ご紹介した内容は経験談であり、
すべての方々に当てはまるわけではありません。

監修:一般社団法人日本うつ病センター 顧問/長崎大学 名誉教授/出島診療所 所長 中根 允文 先生

うつ病体験談①

30代 女性 保育士 A子さんのケース
“引越しを機に人生が思わぬ方向に”

A子さんに転機が訪れたのは32歳のときでした。関西で保育士として忙しい毎日を送ってきた彼女に、夫の仕事の都合で突然、北海道への引越しが決まったのです。見知らぬ土地での生活に不安はあったもののすぐに再就職も決まり、心機一転、新しい土地での生活がスタートしたのでした。

そんなA子さんの異変に夫が気づいたのは、引越してから半年ほど経ったころ。夫が出張から帰宅すると、電気のついていない部屋にA子さんが呆然と座っていたのです。髪も乱れ、服装は寝間着のままでした。

話を聞くと、夫が出張中の2日間、仕事を休んでしまったそうです。元来まじめで頑張りやのA子さん、積極的に「前の保育園のやり方はこうだった」と提案を続けたため、周りの保育士から敬遠されていると感じ、悩んでいたのでした。

また同じマンションに住む子連れの母親を見つけては積極的に話しかけ、保育士としてアドバイスをしていたところ、いつの間にか母親達から無視されていると感じるようになっていました。夫が「方言のせいで、言い方がきつく受け止められるのでは?」となぐさめたものの、おしゃべりなA子さんにとっては更にショックなひとことでした。

その後、厳しい冬のシーズンを迎え、ますます彼女の気分は落ち込みました。夜、寝付けなくなって昼間は頭痛がひどくなり、職場を退職。好きだった家事もいっさい手がつけられなくなり、1日中布団から抜け出せない日々が続きました。

見かねた夫がA子さんを連れて精神科を受診。現在は薬による治療とカウンセリングを受けています。 春になって夫は、A子さんを外に連れ出すようになりました。A子さんにとって最初は「見知らぬ土地」だった北海道。徐々に愛着を感じるようになりつつあります。

  • 症状チェックシート
  • うつ病について相談できる病院が探せます 病院検索

ページTOPへ戻る

シオノギ製薬 日本イーライリリー株式会社