うつ病 こころとからだ

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

シオノギ製薬と日本イーライリリーがうつ病についての啓発を行うウェブサイトです。

回復に向けて

次の診察に向けて

回復に向けて

  • 治療により状態が安定するまで

    うつ病の治療は、医師による診断から治療を開始する「急性期」をへて、症状がほぼなくなる「継続期」へ進み、やがて安定した状態が保たれる「維持期」へ向かうとされています。しかし、治療の経過は人によりさまざま。よくなった状態が続いても、自己判断で服薬をやめたりすると、うつ病が再発することもあるので、あせらずに取り組むことが大切です。

  • 治療の経過

    Kupfer, D. J.: J. Clin. Psychiatry, 1991, 52, suppl.28, 改変
  • 大切なのは、心と体の両方に目を向けること

    うつ病の症状は多彩であり、心だけではなく体の症状があらわれる場合があります。治療では、それらの症状を取り除き、病気になるまえの生活に戻っていくことをめざしていきます。

    しかし、すべての症状を取りきらず、どれかを残したままにしてしまうと、うつ病が悪化するおそれもでてきます1, 2)うつ病は、心と体の両方に目を向けて、治療を進めていくことが大切だと考えられています。

  • 1)Pintor, L. et al.: J. Affect. Disord., 2003, 73(3), 237
  • 2)Judd, L. L. et al.: J. Affect. Disord., 1998,50(2-3) , 97

ページTOPへ戻る↑