うつ病 こころとからだ

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

シオノギ製薬と日本イーライリリーがうつ病についての啓発を行うウェブサイトです。

うつ病は“こころの症状”だけでなく“からだの症状”があらわれることも

だれにとっても身近なもの1-3)

うつ病の患者数は近年、増加しており、およそ73万人にのぼると報告されています。
別の調査では、16人に1人が、生涯にうつ病を経験しているとも推定されています。ですから、うつ病はだれにとっても身近な病気であるといえます。

だれでも、いやなことや悲しいことがあると、気分が沈んだりやる気がなくなったりすることがあります。しかし、うつ病は、日常で感じる一時的な気分の落ち込みなどではありません。言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味喜びの喪失が、ほとんど一日中、ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活に支障が出てくる状態が「うつ病」なのです。

だれにとっても身近なもの

うつ病の「こころ」と「からだ」の症状4)

うつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられています。
気力で解決できるものではありません。うつ病は、治療が必要な病気なのです。
うつ病の症状には、抑うつ気分、興味または喜びの喪失、意欲の低下・おっくう感などの“こころの症状”があります。
しかし、うつ病はこころだけではなく、いろいろな“からだの症状”があらわれることもわかっています。

うつ病には「からだの痛み」がともなうことも

うつ病には「からだの重さや痛み」がともなうことも4)

うつ病の“からだの症状”には、睡眠障害、疲労感・倦怠感、食欲の減退、動悸・息苦しさ・口が渇くなど、さまざまな症状があるといわれています。また、頭や肩、腰などに「重さや痛み」が、うつ病にともなうことがあるとも考えられています。

うつ病の治療では、こころの症状だけでなく、からだの症状も治療することが重要です。
まずは自分の症状を把握して、診察の際に医師に伝えましょう。

さまざまな症状を医師に伝えるには…

うつ病では、こころやからだにさまざまな症状があらわれますが、患者さんご自身でも、今どのような状態にあるのか全体が把握しにくかったり、実際に診察室に行ったとき、医師にどうやって言葉で説明すればいいのか戸惑うことがあるかもしれません。まとめてお話しすることが苦手だなと感じたら、診察の前につらいと感じているこころやからだの症状などを記録して、まとめておくと役立つでしょう。

  • 病状チェックシート
  • うつ病の治療が受けられる病院が探せます 病院検索
<参考資料>
  • 1)厚生労働省大臣官房統計情報部:平成26年 患者調査
  • 2)川上憲人ほか, 平成18年度厚生労働科学研究費補助金, こころの健康についての疫学調査に関する研究
  • 3)日本精神神経学会(日本語版用語監修),髙橋三郎,大野裕(監訳):DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル,2014,pp. 160-165,医学書院,東京
  • 4)坂元薫:気分障害(上島国利ほか編),2008,pp. 37-45,医学書院,東京