うつ病 こころとからだ

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

うつ病の主な症状

うつ病と聞いて、どんな症状を思い浮かべますか? 不安、抑うつ気分、気力や思考力の低下など、心の症状だけを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、耳鳴り、めまい、息苦しさなど、思いもかけない体の症状となってあらわれることも珍しくありません。更に、うつ病の患者さんの増加や社会環境のめまぐるしい変化に伴い、症状のあらわれ方は多種多様になってきました。

心と体の関係

監修:一般社団法人日本うつ病センター 顧問/長崎大学 名誉教授/出島診療所 所長 中根 允文 先生

こんな症状があらわれたら、要注意です

うつ病の主な症状として、まずは「強い憂うつ感」が挙げられます。これを医学的に「抑うつ症状」といいます。
「むなしい」「気がめいる」といった感情は誰もが経験しますが、このような気持ちはたいてい原因となる出来事があります。
そのため、その出来事が消え去ったり、解決する方法が見つかったりすると症状はおさまるものです。
ところがうつ病の場合は、自分では原因がわからなくても1週間、2週間と抑うつ症状が続き、患者さんはとても苦しい思いをします。気分の落ち込みとともに意欲も低下し、「外出がおっくうだ」「家事ができない」「身だしなみを整えるのが面倒」などと感じるようになります。

知っていますか? 体の不調がサインとなることも

一方、うつ病では上記のような抑うつ症状のほかに、体調に変化が出ることもあります。例えば「なかなか寝つけない」「早朝に目が覚めてしまう」といった睡眠障害、食欲不振、体の痛みやしびれ、頭痛、吐き気、のどの渇き、女性では月経異常など、さまざまな症状を訴える人がいます。
こうした症状を医学的に「身体症状」と呼びます。体調不良から内科を受診したものの原因がわからず、精神科や心療内科を紹介され、うつ病と診断される場合が多いようです。
もちろん、これらの症状の原因がすべてうつ病という訳ではありません。ただ、うつ病は気分の落ち込みだけでなく、思いもよらない体の不調がサインとなることを知っておきましょう。

食欲があれば、うつ病ではないのですか?

一般的に、うつ病の患者さんでは食欲不振がみられますが、なかには食べることによって気がまぎれるため、過食にはしって太る人もいます。「憂うつで、何をするのもおっくう」であっても、食欲は以前より増し、アフターファイブの食事会ではよく食べるという患者さんもいます。

ページTOPへ戻る↑