うつ病 こころとからだ

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

シオノギ製薬と日本イーライリリーがうつ病についての啓発を行うウェブサイトです。

うつ病を再発させないために

医師からのメッセージ
大切なこと、準備しておきたいこと

医師からのメッセージ ~大切なこと、準備しておきたいこと~

慎重に、十分準備して、少しずつできることを増やしていくことが大切です。

医療法人社団ハートクリニック ハートクリニック大船 院長 浅井 逸郎 先生

―もとの生活に戻るために、大切なことは何でしょうか?

まず一番大切なことは、様々な症状がよくなっていることです。私は最初の診察で、できる限りの症状を漏れなくお聞きし、その経過をみています。たとえば、集中力が続かなくて本が読めない、体が重い、頭痛がするということであれば、それらの頻度や程度などをおうかがいしております。うつ病には心の症状だけでなく、体の症状もあります。症状のすべてがよくなっていることが、もとの生活に戻るためには大切です。またご本人が、「もう大丈夫」と思えるようになっていることも重要ですね。職場や家のことを考えると、「少しつらいな…」と感じるのであれば、まだちょっと早いかもしれません。

うつ病は、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら回復していくことが多い病気でもあります。回復しつつあっても、憂うつな日があるのは、めずらしくはありません。一喜一憂せずにゆっくり様子をみていきましょう。

―もとの生活に戻るために、どんな準備をしておくのがよいでしょうか?

  • 症状がよくなり、「もう大丈夫」と思えるようになったら、以前の日常生活で感じていたような負荷を少しずつかけ、対処できるかどうかを確認することが必要です。“慣らし運転”のようなものですね。その一つとして、施設に通いながら生活のリズムを改善させたり、対人関係のスキルを向上させたりすることもできます。当院でも、そのための復職支援プログラムやデイケアで様々なプログラムを実施しています。“慣らし運転”をやってみて、問題がなければ、日常生活に戻る準備が整ってきたということになります。
  • 医療法人社団ハートクリニック ハートクリニック大船 院長 浅井 逸郎 先生

またご本人の生活の仕方や物のとらえ方を修正したり、状況によってはご家族や会社に対し、私からご本人への接し方をお願いすることもあります。しかし、人の考え方や環境は急に変えられるわけではありません。日常生活に戻ったあとも、あせらず時間をかけて、ゆっくり取り組んでいくことが大切です。

―不安になったり、あせったりしてしまうことがあります…。

「以前のように働けるだろうか…」と不安を抱くのは自然なことです。多くの方々が感じています。復帰してすぐに、前と同じような量の仕事ができたり、家事をこなせるわけではありませんから、1~2年の時間をかけて徐々に本来の状態に近づけていくことが大事です。

周りの方々の理解も欠かせません。ご自身の状態がもとに戻ったばかりなのに前と同じようにできるのではないかと過剰な期待を寄せたり、逆に負担をかけまいと仕事を極端に少なくしてしまうことなどは、ご本人にとってのストレスとなり、症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。

しばらくは以前の7~8割くらいで働くことが目安です。たとえば、いつも残業していた方なら定時で帰宅するとか、仕事の合間に少し手があく時間があるくらいの感覚ですね。

―もとの生活に戻ったあとは、どんなことに気をつければよいでしょうか?

落ち込むことがあったり何らかの症状があらわれたら、早めに医師に相談してください。

症状があらわれたとき、「もしかして、薬が増えてしまうかも…」「何もなかったことにしておこう…」とお考えになる気持ちもよくわかります。ですが、2~3日で改善する症状もあれば、本格的な再発の可能性もあります。実際、早めに受診されたことにより、会社や学校を休むことなく対処できた方もいらっしゃいます。反対に放っておいて、どんどん悪くなり、再び休職しなければならない事態に陥ることもあります。再発を防ぐためにも、早めの対応が必要なのです。

うつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられています。脳はとても繊細ですから、丁寧に取り扱っていただきたいと思います。
日常生活に戻られても、慎重に、十分に準備しながら、少しずつできることを増やしていきましょう。

(ご略歴)
東京大学文学部と千葉大学医学部を卒業。2003年に開業し、大船の他、町田、横浜、小田原にもハートクリニックを展開する。
心理検査や身体的検査を行い、客観的治療を心がけるのが信条。精神保健指定医。
医師からのメッセージ ~大切なこと、準備しておきたいこと~

お名前は五十音順です。

ページTOPへ戻る↑