塩野義製薬日本イーライリリーがうつ病について啓発を行うウェブサイトです。

うつ病 こころとからだ

  • 症状チェックシート
  • 病院検索

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

  • うつ病の症状チェックシート
  • こころとからだの症状
  • 病院検索

うつ病の治療法

うつ病の治療の基本

うつ病の治療には、休養、精神療法、薬物療法などがあります。

休むことは悪いことではありませんし、「何かやらなければ」とあせることもありません。休養をとることは、うつ病から回復するために非常に重要です。

薬物療法がのぞましいと判断された場合は、セロトニンやノルアドレナリンに作用する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤)などの抗うつ薬が使われることがあります。他にも三環系や四環系と呼ばれるものもあり、医師はこれらの抗うつ薬の中から患者さんの症状に合ったものを処方します。

うつ病の治療の基本

精神療法

精神療法では、医師やカウンセラーなどが、患者さんと対話を重ねながら、問題を解決する方法を患者さんと一緒に探すお手伝いをします。精神療法には認知療法や対人関係療法などがあります。

薬物療法

薬物療法を行う場合、最初は副作用を抑えるために少量から抗うつ薬の服用を開始し、徐々に適切な服用量に調整していきます。抗うつ薬の効果があらわれるまでには、服用開始から2∼3週間ほどかかるため、吐き気や眠気、めまい、頭痛などの副作用が先にでる場合があります。副作用がひどいと感じるときや長引くときなど、気になることがある場合は、医師にご相談ください。

効果の有無の判断

抗うつ薬の効果はすぐにはあらわれません。
2∼3週間、同じ薬を飲み続けてから、効果の有無を判定します

効果の有無の判断野村総一郎監修:入門うつ病のことがよくわかる本,2010, p.56,講談社,東京

  • ※:抗うつ薬の効果があらわれる時期については個人差があり、4∼6週間と書かれているものもあります。
  • (一般社団法人日本うつ病センターホームページ うつ病診療の要点-10 http://www.jcptd.jp/medical/point_10.pdf)


抗うつ薬の主な副作用

抗うつ薬の主な副作用

入院について

うつ病の症状が重い場合、または自殺の危険を避けるため、リハビリテーションや自宅では十分に休息がとれない場合など、さまざまな目的で入院治療を行うことがあります。入院の期間は、患者さんにより異なりますが、精神病床の平均在院日数は、以前に比べて短くなっている傾向があります1, 2)

  • 1)厚生労働省ホームページ:知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス
    http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/medical_2.html(2015年5月28日アクセス)
  • 2)厚生労働省ホームページ:知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス
    http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html(2015年5月28日アクセス)
  • <参考資料>
    野村総一郎監修:入門 うつ病のことがよくわかる本,2010,pp. 12-27,講談社,東京
  • 症状チェックシート
  • うつ病について相談できる病院が探せます 病院検索

ページTOPへ戻る

シオノギ製薬 日本イーライリリー株式会社