塩野義製薬日本イーライリリーがうつ病について啓発を行うウェブサイトです。

うつ病 こころとからだ

  • 症状チェックシート
  • 病院検索

うつ病の症状は気分の落ち込みやからだの重さやつらさなどからあらわれることがあります。 本来の自分を取り戻すために、できることから始めてみませんか。

  • うつ病の症状チェックシート
  • こころとからだの症状
  • 病院検索

抗うつ薬のはたらきと種類

監修:一般社団法人日本うつ病センター 顧問/長崎大学 名誉教授/出島診療所 所長 中根 允文 先生

現在、抗うつ薬も神経伝達物質の種類に合わせて、さまざまなタイプが開発されています。しかもそのはたらきは、脳内のシナプスの大変狭い隙間で送り手側に再度取り込まれることを防いで、隙間全体の神経伝達物質の量を増やしたりしているのです。

なぜ他の薬剤と併用するの?

うつ病はさまざまな症状を示して進行する病気です。多くのうつ病患者さんは、神経伝達物質のバランスがとれない影響で、覚醒状態が続いて眠れなくなることがあります。
このように不眠の症状が出るときは、うつ病の治療として睡眠薬を治療の初期から併用することがあります。不眠の症状をまず緩和させて、症状を取り除きながら、うつ病を治療していくのです。

うつ病の治療には、睡眠薬との相互作用が少ない抗うつ薬が求められます。

抗うつ薬の種類は?

現在使われている抗うつ薬には、次のようなタイプがあります。 ●SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)●SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)●NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)●三環系抗うつ薬●四環系抗うつ薬 などがあり、症状やうつ病の重症度に合わせて医師が処方します。

具体的なはたらきって?(シナプスでのSNRI)

では具体的に、どのようにして抗うつ薬ははたらいているのでしょうか?ここでは代表してSNRIのはたらきを見てみましょう。

セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質は、送り手側の神経細胞の末端から受け手側の神経細胞の末端に、単純に送り出されているのではありません。シナプスには受け手側で受け取られなかった神経伝達物質を、もう1度送り手側に戻すシステム(再取り込み)があり、送り手の神経細胞にもその受容体があります。

SNRIは、この再取り込みの受容体をふさいで再取り込みの機能を下げて、シナプス間隙に神経伝達物質を増やそうとします。

薬の量のコントロールは医師にまかせて!

医師は患者さんの症状を診たり、訴えを聞いて抗うつ薬を処方しますが、治療の初めは量を少なめから始めて体の反応や副作用などの様子を見極めながら、徐々に効果が出る量まで増やしていきます。

そして、しばらく飲み続けていただき効果を診ながら調節し、症状がおさまるかどうか、さらに再発の可能性を判断しつつ、少しずつ量を減らしていき、医師が最終的に治療を終了させます。

抗うつ薬の量のコントロールはとても難しく、患者さんやご家族ではなかなか判断ができません。万一途中で独自の判断で薬をやめてしまうと、発汗、吐き気、ふるえ、不眠、混乱、悪夢、めまいなどの症状が出ることも少なくありません。それに再発も起こしやすく、うつ病がさらに悪くなることが報告されています。薬の量のコントロールは、ぜひ医師にまかせてください。

いつまで薬を飲み続けなければならないの?

なぜ抗うつ薬を症状が消えてからも飲み続ける必要があるのでしょう? それはうつ病が、また悪くなることが多い病気だからです。うつ病からくるさまざまな症状も治療を続けていくうちに消失していきますが、ベースにあるうつ病そのものはまだ完全には治っていないことが多いのです。

ダムの水を増やそうと治療していても、中途半端なところで中断すると、また水が減ってくる可能性もあります。
水が元の状態にダムに満々と満ちるまで、うつ病が完治するまで薬を飲み続けてください。そして以前のような感情豊かな、行動力のある生活をとり戻すことをあせらずゆっくりとめざしてください。

  • 症状チェックシート
  • うつ病について相談できる病院が探せます 病院検索

ページTOPへ戻る

シオノギ製薬 日本イーライリリー株式会社